ヴェルファイアにおすすめ!大画面ナビの特徴【2017年~2018年モデル】

液晶サイズは7インチのカーナビが一般的ですが、8インチ~11インチの大画面カーナビも最近では多く販売されています。できるだけ安くカーナビを取り付けたいなら7インチモデルでもいいと思いますが、画面の見やすさやドレスアップを考えるなら8インチ以上のモデルがおすすめです。

特にヴェルファイアは人気車種のため、カーナビメーカーもヴェルファイア専用デザインのカーナビを販売しています。

各メーカーでデザインの違いだけではなく、液晶画面のサイズや、ハイレゾ音源対応、ブルーレイ再生対応など違いがあるので、カーナビ選びの参考にしてください。

【アルパイン ビッグⅩ11(11インチ)】


bigx11-vel.jpg

アルパインから販売されているヴェルファイア専用ナビです。

取り付け可能な液晶サイズの限界とも言える、カーナビでは唯一の11インチ大画面が大きな特徴です。

ナビ画面での地図表示範囲は7インチモデルに比べ2倍になり、広範囲を確認できます。

bigx11-gamen.jpg

また、エンジン始動時のカーナビオープニング画面も、ヴェルファイア専用となっています。

bigx11-vel3.jpg





【アルパイン ビッグⅩ(9インチ)】


bigx-vel.jpg


アルパイン ビッグⅩ11同様にヴェルファイア専用ナビですが、液晶サイズは9インチになります。

また、ビッグⅩ11ではハード面でのデザイン(画面下の大きなボタンなど)がアルファード・ヴェルファイア専用デザインでしたが、ビッグⅩでは他の車種と同じデザインになります。
(カーナビオープニング画面はヴェルファイア専用)


【サイバーナビ(10インチ)】


cyb-vel.jpg


車種専用と言えばアルパインでしたが、サイバーナビもついにアルファード専用モデルを販売しました。

ブルーライトによって醸し出される雰囲気は、同じ車種専用のアルパインとはまた違ったシンプルなものです。

液晶サイズは10インチですが、最近ではスマートフォンなどでも対応機種がでてきたハイレゾ音源に対応しています。

ドライブをしながら高音質の音楽を楽しみたい人には、このハイレゾ対応かどうかはカーナビ選びのポイントになってくると思います。



【楽ナビ AVIC-RL901(8インチ)】


rak-901.jpg

楽ナビ唯一の8インチモデルです。

サイバーナビと同じくパイオニアから販売されていますが、楽ナビではハイレゾ音源には対応していません。

「8インチ大画面で、あとは普通に機能が備わっていればいい」という人にオススメです。



【彩速ナビ MDV-M805L(8インチ)】


sai-M805L-vel.jpg

最近では、他社でもハイレゾ対応のカーナビが販売されてますが、元々ハイレゾ対応と言えば彩速ナビでした。

その彩速ナビ唯一の8インチモデルです。

ケンウッドならではの音へのこだわり、ハイレゾ音源対応ナビの先駆者としての信頼度は抜群です。



【ストラーダ CN-F1XD(9インチ)】


st-f1-vel.jpg

他のカーナビと雰囲気がまったく違う、この飛び出した大画面が大きな特徴です。

背面がアーム構造になっているため、運転席から見やすい角度、高さに液晶を移動できます。

また、大画面ナビで唯一ブルーレイ再生に対応しているため、ブルーレイを購入・レンタルする人には大きなポイントです。

ただ、この見た目は好みが分かれるところでもあります。